目頭切開は口コミから信頼できる医師へたどり着こう

レディ

しみ治療で本当に消えるのか

レディ

東京のクリニックでのしみ治療でレーザーでの施術も多くあります。その前に外用薬の塗布や内服薬で治せるのであればそちらから試してみたいですよね。しみの種類にもよりますが、外用薬もしくは内服薬でしみ治療が出来る種類もあります。東京のクリニックでは、漂白の作用が強いため、高い濃度での美白が可能な「ハイドロキノン軟膏」と、コラーゲンを産生し、皮膚の生まれ変わりを助長させてメラニンを多く輩出させ、肌に潤いを与える「トレチノイン軟膏」が外用薬として処方されております。また、メラニンが発生する原因の一つである、メラノサイト活性化因子を止めることのできる「トランサミン」や、人体では生成されないビタミンCを内服し高い抗酸化作用でメラニンに働きかけしみを緩和する「ビタミンC誘導体」や、ビタミンCとの相乗効果がある「ビタミンE」や、ビタミンEと同様にビタミンCとの相乗効果があり、美白の効果も期待される「L―システイン」が東京のしみ治療では効果的とされています。ですが、上記したものは限られたしみにしか作用しないものとされています。治療に際し、健康保険が適用されるかが心配されるところです。治療によって適用される場合、されない場合があるのでしみ治療を受ける際に相談を行ないましょう。東京のしみ治療では厚生労働省が保険適用しているレーザー治療もあります。一度、信頼できる東京近郊のクリニックに足を運び専門として治療する皮膚科の医師にカウンセリングを受け、効果的にしみ治療を進めていくことをお勧めします。